元々6人でデビューしたKAT-TUNですが現在赤西仁、田中聖、田口淳之介が脱退し、3人になりました。田口が脱退した時点で、KAT-TUNは活動を休止し、個人の仕事のみとなっています。KAT-TUNは今後どうなっていくのか、予想をまとめてみました。

なぜ3人になったのか

私が考えるに、KAT-TUNが現在の形になった理由としては、「メンバーの我が強すぎた」が大きいと考えます。KAT-TUNはカリスマ性の高いメンバーが集められており、特に赤西と亀梨の2TOPはプライドが物凄く高いです。大物が何人も集まったKAT-TUNですので、それぞれの思惑がぶつかり合いグループに亀裂が入ったのではないでしょうか。赤西仁、田中聖、田口淳之介はそれぞれジャニーズ事務所を退社して、個人での活動を行っています。赤西仁に関しては、海外で「アジア人気アーティスト賞」を受賞するなど、大成功を収めています。

3人で活動を再開する

ファンにとってKAT-TUNの復帰は待ち遠しいもの。1番良い形としては、3人で力を蓄えて、またKAT-TUNとして、復帰することです。6人、5人、4人と減っていきましたが、その分残りのメンバーでの団結力は一層強くなったのではないでしょうか。3人でのグループ活動は、少年隊、NYCなど前例があるので現実味を帯びていると思います。3人でグループ活動を行なうとなると、センターは亀梨で、両サイドに上田、中丸という位置付けになるとでしょう。

グループは解散し、ソロ活動に切り替える

3人でのグループでの活動が困難になれば、グループが解散し、それぞれがソロで活動することも考えられます。亀梨は、ドラマやCM、上田は体育系の番組、中丸はコメンテーターなど、個人個人での実力もつけてきています。ただそれぞれがソロで活動するとなると、亀梨は問題ないですが、上田と、中丸は知名度が少し足りないのかなと思う部分もあります。ソロで活動するとメディアへの露出の機会が極端に減るため、個人的にはグループでの活動を再開して欲しいというのが本音です。

KAT-TUNの今後の大本命は!?

どちらにせよ、残りのメンバーが芸能活動を引退するということは考えにくいと思います。メンバーの意思も、芸能活動に前向きなことから、グループとしての復帰説が濃厚ではないでしょうか。苦労の多かったKAT-TUNですが、この逆風を乗り越えてファンと強い絆を作っていって欲しいと思います。KAT-TUNのこれからの活躍に期待していきたいですね。