アイドルとして、作家として、2面の活躍を見せる加藤。ファンに愛されている加藤シゲアキにはどのような魅力があり、どのような活躍をしているのでしょうか。

NEWSとして様々な苦労を乗り越えてきた

加藤の所属するNEWSはデビュー当初は9人で活動していました。しかし現在ではメンバーの脱退が続き、4人で活動しています。半分以上のメンバーが抜けていくNEWSを近くで見てきた加藤はどれだけ辛い心境だったのでしょうか。しかし、そんな逆境をファンと共に乗り越えてきたNEWS、加藤シゲアキはいまファンと強い絆で結ばれています。

作家としても大活躍

加藤シゲアキはジャニーズで唯一の作家として、大活躍をしています。「ピンクとグレー」は映画化され、「傘をもたない蟻たちは」は連続ドラマ化されるなど、作家としての活躍が素晴らしいです。ただ、作家活動を頑張っていてもファンに伝わることは少なく、ファンから「シゲ仕事ない(笑)」と言われることも。。(笑)実際の仕事量としては、1年に1冊のペースで書いているので作家としての仕事量は凄く多いと予想できます。

意外と運動音痴

加藤は作家として文章を書くことはとても得意ですが、球技などの運動は少し苦手としています。メンバーの小山が「球技はダメなんだよ〜シゲは〜」と発言するなど加藤の苦手分野を指摘していました。同じメンバーである手越がバリバリのアウトドア派なので、加藤と手越は真逆のタイプですね。まさにインテリイケメンと、オラオラ系のイケメン。NEWSの構成を私的なイメージで例えると、加藤、小山の2人がお兄さんで、手越と増田がわんぱくな弟といった感じす。

声が特徴的

加藤といえば特徴的なのが、あの声です。低く男らしいあの声は加藤のチャームポイントでもあり、加藤の男らしさを表しているポイントでもあります。加藤の低い声がNEWSとして4人で歌うときに安定感をもたらしてくれています。手越がとっても高い声で歌い歌い加藤が低い声で歌う。ここでも、加藤と手越が真逆のタイプなんだなと感じました。

加藤のこれからに期待

いかがでしたか?作家とアイドルの2面の活躍を見せる加藤シゲアキ。本職の作家さん顔負けの小説を書きあげ、世間を驚かせた加藤。作家としての活動が認知されるのは、本を出版したときなのでそれまでの過程は、ほんとに地道な努力が必要です。ファンもそれは理解していると思うので、焦らず頑張っていってほしいですね。加藤シゲアキの活躍にこれからも期待していきましょう!