2人組ヴォーカルユニットの「KinKi Kids」の堂本剛。10代の頃から人気が爆発していた彼らにはどんな魅力があるのだろうか。

記憶のない10代

人気絶頂だった剛は寝る暇がないほど多忙な毎日でした。剛は当時のことを振り返り「10代の頃の記憶がない」と話しています。別にアイドルになりたかった訳でもない剛にとってこの多忙な毎日がどれだけストレスだったことでしょうか。しかし、それを裏返しに捉えれば、寝る暇がないほど多忙で人気の10代を送れてこれたということは、デビューできないjrや、歌手やアイドルを目指す人からすればとても羨ましいことではないでしょうか。

関西ならではのトーク

KinKi Kidsの2人の出身は奈良と兵庫で2人とも関西出身です。LIVEのMCや番組MCでは、「漫才か!」と思うほど面白いトークを繰り広げます。中でも剛の独特な間と、喋り方はファンの心をがっちり掴んで放さない魅力があります。

歌っている姿が魅力

剛の魅力の1つとして独特な感性があると思います。奇抜な髪型や、服装を好み流行りにとらわれない独自の感性を持っています。それから堂本剛といえば、歌っているときの表情にも注目して欲しいです。歌っているときの剛は他のアーティストと比べ表情の変化が少なく、どこか切ない表情を浮かべています。それだからこそ、トークのときなどに見せる笑顔にギャップを感じてしまいます。

ヒットを飛ばし続ける楽曲の数々

数々のヒット曲をリリースしており、デビューシングル「硝子の少年」はジャニーズ史上2位を記録するほどのヒットソングとなっています。また自身で楽曲編成なども行っており「愛のかたまり(作詞:堂本剛.作曲:堂本光一)」など大ヒット曲も生み出しています。

先輩のことを慕い、同期と仲がよく、後輩のことをちゃんと見ている

先輩であるSMAPのことを「SMAP兄さん」と呼びSMAPの前で見せる可愛い後輩のKinKi Kidsはファンにはたまりません!また同期のTOKIOやV6と絡むときには、KinKi Kidsの面白さが何倍にもなって、KinKi Kidsの真骨頂が発揮されます。またラジオやバラエティなどで、後輩グループの話題を出すなど後輩の活躍を欠かさずチェックしていると感じました。

多くの根強いファンを獲得している

ジャニーズのFC会員数では嵐、SMAPに次ぐ第3位でファンと共に歳を重ねてきたKinKi Kids。2人の魅力は底をつきることを知りません。2人の活躍にこれからも期待していきましょう!