ジャニーズきってのヴォーカルユニット「KinKi Kids」その高い歌唱力と面白い喋りでファンを魅了し続けています。

KinKi Kidsは現在ファンクラブ会員数でいうと嵐、SMAPに次ぐ第3位です。

そんな2人の魅力とは。

私は2人の関係性だと思います。デビューから20周年まで2人でジャニーズのトップを走り続けるのは簡単なことではないはずです。事実、堂本剛は「パニック症候群」や、「10代の頃の記憶がない」などその忙しさは私達の想像を超えるものだったでしょう。2人のコミュニケーションがしっかりとしていないと、こういった逆風を乗り越えてはこれないでしょう。

「プライベートで話しをすると本番で話すことがなくなるから話さなさない」などとは話していますが、テレビなどを拝見するかぎり2人の相性はとてもよく、剛がボケるときは光一がツッコミにまわり、光一がボケるときには剛がツッコミにまわるなど、関西出身の2人ということもあって、2人の掛け合いはジャニーズの中でも面白い方です。堂本剛のあの独特な雰囲気、堂本光一の確立された王子様ぶりに魅了されるファンは後を絶ちません。

昔は剛の方が人気度的には上でしたが、今は光一の方が人気がでています。その理由として剛の劣化などが2chなどでは噂になっていますが、個人的には昔の剛も好きだけど今の剛のほうがかっこいい大人に成長していると思います。

最近では剛の膝が原因からか、光一がダンスで剛がギターを担当した楽曲が発売されており、剛のキレのあるだんを懐かしく思う日もあります。

KinKi Kidsは、同期の「TOKIO」「V6」とも仲がよく、グループを超えた交流をたびたび確認することができます。さらには、先輩グループである「SMAP」のことを「SMAP兄さん」と呼んで慕ったり、後輩グループのことをよくラジオで話題にしたりなど、ジャニーズ事務所ないでの交流は幅広い方といえます。

あと、やはりKinKi Kidsといえば外せないのが2人の世界観ではないでしょうか。この世界観がKinKi Kidsが今までリリースしてきた楽曲に表れています。2人が歌う曲はどこか哀愁漂う悲しい曲に仕上がっています。「フラワー」などの明るい楽曲もありますが、基本KinKi Kidsの楽曲は色で表すとグレーや青といった曲が多い気がします。

デビュー20周年も迎え、ジャニーズの中でも歳上グループとしてみなを引っ張っていってほしいです。これからもKinKi Kidsの活躍に期待していきましょう!