数多くの有名グループが在籍しているジャニーズ事務所。そんなグループの特徴をまとめてみました。

SMAP

2016年をもって解散が決定したSMAP。SMAPの特徴といえば、やはり中居と木村の2Topでしょう。SMAPの中で年齢が1番上ということもあり、デビュー当時からSMAPを引っ張ってきました。

TOKIO

ジャニーズ?農家?バンド?とファンじゃなければ迷うかもしれません。それほどまでに多彩な活躍をみせるTOKIO。そのたくましさはジャニーズでNO.1のグループです。

KinKi Kids

KinKi Kidsの特徴といえばやはり「歌」ではないだろうか。若い世代だとKinKi Kidsをアイドルではなく歌手と思い込んでいる人もいるくらい。

V6

V6は、トニセン(20th Century)とカミセン(Coming Century)という2グループが合体したグループであり、最年長坂本と、最年少岡田の年の差が10歳差という、珍しいグループです。

嵐の人気は今や国民的と呼べるほどに。仲の良いグループとしてファンに認知されています。若手アイドルグループから中堅アイドルグループになり、これからの活躍にも期待が持てます。

タッキー&翼

現在は、メディアへの出演が少ない、タッキー&翼ですが、舞台、ドラマなどでは大活躍をしています。デビュー前の人気も高かったのが印象的です。

NEWS

9人でデビューした、NEWSだが現在は4人で活動しています。4人体制になってからは、個人個人の仕事にも力が入っているように見える。その中でも1番の活躍はやはり、手越ではないだろうか。スキャンダルの多い手越だが、彼の活躍でNEWSは復活したと言っても過言ではないでしょう。

関ジャニ∞

ジャニーズのお笑い担当といえば、関ジャニ。お笑い芸人のライブを見に行って研究したりと、「若手芸人よりも笑いを勉強しているのではないか?」と言われるほど。バンド活動なども行い独自路線を築いています。                KAT-TUN                                                       KAT-TUNは現在活動休止中で、ファンは復帰を願ってやまないばかりです。KAT-TUNといえばデビュー当初は、「不良グループ」として売り出されていましたが、メンバーの脱退が続くにつれ「礼儀正しいグループ」の方向へシフトしていきました。

Hey!Say!JUMP                               Hey!Say!JUMPメンバーがjrのころ、jrのエリートを集めて作られたグループがHey!Say!JUMPです。現在デビューしているグループの中では1番人数が多く、グループ名は認知されていても、個人の認知度が低いことが課題だという。

Kis-My-Ft2

かつてSMAP中居が「こんなに前と後ろがはっきりわかれているのはジャニーズ史上初」とまで言われるほど。しかし、中居の発案で二階堂、宮田、横尾、千賀の4人で結成された「舞祭組」は大ヒットとなった。

SexyZone

”顔面偏差値東大レベル”の異名をもつグループ。その名の通り、メンバーの誰を見ても顔が整っており、若いファンから年配のファンまで幅広いファンを虜にしています。

A.B.C-Z

アクロバティックが売りの若手グループ。まだまだメディアへの出演は少ないものの、下積みの長いメンバーが揃っているので実力は折り紙つき。今後の活躍に期待できます。

ジャニーズWEST

関ジャニ∞直属の後輩グループ。関西出身のメンバーが集まっているため、元気で、面白い、フレッシュなグループとして人気を集めています。

いかがでしたか?どのグループも魅力がたくさんありましたね。これからもジャニーズの活躍に期待していきたいと思います。