夢の対談!?

「中居のかけ算」という番組で3チームのリーダー、中居正広、城島茂、坂本昌行が、夢の対談をおこないました。


デビューはSMAP→TOKIO→V6の順番だが、年齢順でいけば、城島→坂本→中居の順番です。呼び方こそ君付けはあるもののほぼ同期ということで、話の内容に上下関係はみられませんでした。

 

 

3人のリーダー像

トークの中で、3人のリーダー像が同じであるということについての話がありました。具体的には3グループのリーダー3人ともが「後攻」であるということです。3グループそれぞれに、先陣を切るメンバー、木村、松岡、井ノ原がいて、それぞれメンバーによって役割が違っているということです。中居が言っていたように、番組の最初が様子見で始まったのは、3人ともが「後攻」だったからかもしれませんね。

V6坂本のデビューで1番喜んだのは?

V6坂本の下積み期間は7年程で、デビューも24才という遅咲きの坂本。そんな坂本のデビューを1番喜んだのは、家族や恋人ではなく、スタッフだったそう。1年程事務所を抜けて、サラリーマン生活を送っていたこともある坂本の意外な過去が明らかになりました。

  • V6リーダー坂本が好きなTOKIOの曲

JUMBO(2000年)TOKIO

  • TOKIOリーダー城島が好きなV6の曲

MADE IN JAPAN(1996年)V6

  • SMAPリーダー中居が好きなV6の曲

WAになっておどろう(1997年)V6

  • SMAPリーダー中居が好きなTOKIOの曲

LOVE YOU ONLY(1994年)TOKIO

TOKIO城島が語る中居の話

  • 緊張するメンバーの為に会場の空気を変える

SMAPのデビューが決まり、光GENJIのコンサートでのお披露目の機会のとき、お客さんの空気も「もしかしてSMAPがデビューするの?」という雰囲気だったらしく、SMAPのメンバーは緊張していたそう。そんな会場5万人の空気を変えたのが中居だった。中居は舞台裏で飲み物の入っているクーラーボックスを抱え、緊張している木村に「大丈夫、大丈夫、大丈夫!」と言って舞台へ。そして先輩で当時大人気だった光GENJIのメンバーへジュースを差し出し「お世話になってます!お疲れ様です!先輩」と会場の笑いを誘ったのです。

  • SMAP中居は身長を逆サバ読みしている!?

中居の身長はプロフィールでは165cmとなっていますが、実は170cmある。これは、中居が16歳のときに、170よりも165の方が面白いと思い設定したのだそうです。

3人の結婚に対する考え方
  • 城島

「できないって状況やからなんかこう、出来たらええなってくらいの程度で」

  • 坂本

「考えた事もあったけど自分に自信がないと」

中居.「今まではいたの?この子とは結婚するんじゃないかって、」

坂本.「まぁ若い時はあったよね」

  • 中居

「女の子と2人でいれないから」
「好きな子でも2日間以上いれないのね、3日間以上になると出て行きたくなっちゃう」

いろんな話がでたところでトーク終了

約40分に渡るトークが終了しました。3人のリーダーのトークは中々見る事が出来ないのでとても貴重な映像だったと思います。