NEWSは2003年に9人でデビューしました。その後メンバーの脱退が続き、2006年1月31日から錦戸、山下が脱退するまで6人で活動を行っていました。

2011年10月に山下智久がソロ活動専念のためにNEWSを脱退、錦戸亮もグループの掛け持ちが厳しいとして脱退。一時期はファンの間でも解散説が出回るなど、グループの存続が危ぶまれました。


その後は、小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久、手越祐也の4人で活動しています。4人のNEWSと6人のNEWSどちらがいいかは、賛否両論ありそうですが何が違うのかをまとめてみましょう。

グループの顔が変わった

6人の場合→山下智久

4人の場合→手越祐也

NEWSは元々、山下の為に作られたグループだと言われています。手越はというと、まだ事務所に入って1年も経っていないのにデビュー。当時は、ポスト岡田と呼ばれていたとか。そんな手越がjrのエースだった山下の代わりを務めるなど、当時は誰も考えれません。歌唱力の向上やバラエティでの活躍を見ても手越の成長は一目瞭然です。やはり、裏で手越は相当な努力を重ねたのではないでしょうか。

山下智久と錦戸亮というNEWSの2トップがグループから抜けることで「イチゴのないショートケーキ」などと呼ばれることもあったそうです。

それに対して加藤は「スポンジケーキうめぇから!最高のスポンジケーキと、最高の生クリームになってやろう」とTBS系「櫻井有吉アブナイ夜会」で話しています。

現在の4人での活動を見ていると1人1人の個性がより強く光って見えてきた気がします。

グループの士気が上がった

以前手越がKAT-TUNの番組で「良くも悪くもグループとしての士気は上がる」ということを言っていました。

また、まっすーこと増田貴久も「今まで応援してくれた方のために続けていきたい、僕たちが作ってきた物を止めちゃいけない、決意の方が大きかった」という風に言っていました。
グループとしてみればNEWSの質は2人がいなくなることで確かに落ちたかもしれません、しかし、そこからメンバー1人1人の努力の結晶として、いまのNEWSの輝きがあるのではないでしょうか。

ファンに愛されているグループNEWS

いろいろな苦労があったらからこそ、NEWSとファンの絆が深いのではないでしょうか。手越自身も、KAT-TUNとのトークで「ファンの影響が大きかった」と話しています。

いかがでしたか?これからもNEWSの活躍に期待していきたいと思います。